デパス(エチゾラム)は太る?体重増加について

過食で太る男性

エチゾラムはベンゾジアゼピン系抗不安薬の一種で、有名なお薬はデパスです。
このデパスのジェネリック医薬品がエチゾラムとなります。

エチゾラムは抗不安薬の中でも効果が実感されやすいことから、精神科に限らずよく処方されているお薬のです。

「エチゾラムは太るのですか?」「エチゾラムを飲み始めてから太った気がする」など体重増加に関する質問は多いのでこれについて解説していきましょう。


エチゾラムで太る?

エチゾラムの服用で、体重が増えるという事はまずないと考えてよいでしょう。

エチゾラムの作用機序についてまず簡単に説明しておきましょう。

エチゾラムはベンゾジアゼピン系抗不安薬という種類に属します。

チョコレートでも有名なGABAギャバ
ストレスを低減させるといいますが、エチゾラムをはじめベンゾジアゼピン系のこの系統のお薬は脳の神経細胞にあるGABA-A受容体ギャバ・エーじゅようたいに結合します。

GABA-A受容体は刺激されると脳の神経細胞のはたらきを休ませてリラックスさせる作用があるのです。

エチゾラムはこれによって脳をリラックスさせ、以下のような作用を発揮します。
(<>内はエチゾラムの作用の強さ)

エチゾラムの作用

  • 抗不安作用(不安をおさえる作用)<強い>
  • 筋弛緩作用(筋肉をほぐす作用)<強い>
  • 催眠作用(眠りを導入する)<普通>
  • 抗けいれん作用<弱い>

エチゾラムは脳を落ち着かせる神経に作用しますが、食欲や代謝には作用しません。
したがってエチゾラムの服用によって太る事はほとんどないと考えられます。

でもエチゾラムを服用してから太ったと考える人は多いはずです。

それはなぜそのように感じるのでしょうか?

エチゾラム開始後から太ったと感じるのはなぜ?

エチゾラム単独で太るわけではなく、様々な要因が絡んでいると考えられます。

大きく二つの要因が考えられます。

  1. 不安症状など精神状態が原因で過食になっている
  2. 抗うつ薬などほかのお薬の副作用

不安症状など精神状態が原因で過食になっている

不安や抑うつが強いと、食欲が低下するか逆に過食になることがあります。
また外に出ることなく、閉じこもりがちになり筋肉量が落ちれば代謝も下がり、仮に同じ量を食べていたとしても、結果太ることになるのです。

このような原因で太っている場合、エチゾラムをやめても特に変化ないばかりかより過食が進むなど食生活に影響を与える場合もありますので注意が必要です。

抗うつ薬などほかのお薬の副作用

たくさんのお薬を処方されている場合には、こちらの原因が考えられます。

体重増加が生じやすい向精神薬には以下のものが挙げられます。


  1. 抗うつ剤
  2. 抗精神病薬

主な抗うつ剤

  • トリプタノール(一般名:アミトリプチリン)
  • トフラニール(一般名:イミプラミン)
  • アナフラニール(一般名:クロミプラミン)
  • アモキサン(一般名:アモキサピン)
  • リフレックス・レメロン(一般名:ミルタザピン)
  • パキシル(一般名:パロキセチン)
  • レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)

また抗精神病薬は統合失調症や双極性障害の治療に用いられるお薬です。
こちらも代表的なお薬のうち体重増加が生じうるものとしては以下のようなものがあります。

主な抗精神病薬

  • コントミン(一般名:クロルプロマジン)
  • セロクエル(一般名:クエチアピン)
  • ジプレキサ(一般名:オランザピン)
  • リスパダール(一般名:リスペリドン)
  • ロナセン(一般名:ブロナンセリン)

上記のようなお薬を飲んでいる場合、エチゾラムではなく抗うつ薬や抗精神病薬が関連していることが多いです。
それでも内服後から半年以上経ってから体重増加が目立ちますので、飲み始めてすぐとなると日常生活(過食・間食・閉じこもりがち)が太った原因であると考えるのが良いでしょう。

お薬が原因でということであれば、原因となっているお薬を減量・中止できないかを検討することになりますが、精神状態の兼ね合いもありますし特に抗うつ薬はいきなりやめると離脱症状を起こすことがあるため必ず相談の上にしてください。

エチゾラムで過食することがないわけではない「脱抑制」

エチゾラムに限ったものではありませんが、ベンゾジアゼピン系は服用によって「脱抑制」という状態が生じる事が稀にあります。

ベンゾジアゼピン系はいわばアルコールと一緒です。
脳を過剰に抑制させると、正常な判断ができなくなってしまうことがあるのです。

たいていの場合で衝動的・攻撃的になります。
お酒と一緒ですね。

脱抑制はたくさん内服しなければまずなりませんが、この状態では衝動的に過食をしてしまうこともあり得ます。
家族の証言で夜中に起きて冷蔵庫の中のものを食べあさっていたと言いますが、でも翌日本人は覚えていないなんてこともあるのです。

まとめ「エチゾラムの副作用で太ることはほとんどない」

エチゾラムを服用していて体重が増えてくると、エチゾラムで太ったと考えてしまいがちです。
しかし通常はエチゾラムで太ることはあまり考えにくいことがお判りいただけたかと思います。

活動性が低下していたり、他に精神病薬を内服している場合にはそれによって太ることが多いのです。


関連記事

  1. 時間

    デパスの作用時間・半減期について

  2. ギャバチョコ

    デパスの効果と効き目について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。