イフェクサーSRの副作用|眠気や不眠、吐き気、太る副作用の対処法など

イフェクサーの副作用

イフェクサーSRカプセル(一般名:ベンラファキシン)はSNRIに属する抗うつ剤です。

イフェクサーの抗うつ剤としての効果や特徴については以下の記事をご参照ください。

ここではイフェクサーの副作用とその対処法について紹介していきます。


イフェクサーの副作用

イフェクサーは神経と神経の間のやりとりを行う神経伝達物質「セロトニン」と「ノルアドレナリン」の濃度を上げることで、抗うつ作用を発揮します。

しかし脳のセロトニンとノルアドレナリンだけにではなく、他の部位にも影響を与えてしまいこれが副作用の正体になります。

抗うつ剤は基本的にセロトニンやノルアドレナリンといいった神経伝達物質をやり取りしていることもあり、共通して以下のような副作用を起こしやすいのです。


  • 抗コリン症状(口渇、便秘、尿閉など)
  • ふらつき、めまい
  • 吐き気
  • 眠気、不眠
  • 性機能障害(性欲低下、勃起障害、射精障害など)
  • 体重増加

抗うつ剤抗コリンめまい吐気眠気不眠性機能障害体重増加
トリプタノール
(三環系)
++++++±+++-++++
トフラニール
(三環系)
+++++±++++++
アナフラニール
(三環系)
++++++++++++
テトラミド
(四環系)
++-++--+
デジレル
レスリン
++-++-+++
リフレックス
(NaSSA)
-++-+++--+++
ルボックス
デプロメール
(SSRI)
++++++++++
パキシル
(SSRI)
+++++++++++++
ジェイゾロフト
(SSRI)
±+++±+++++
レクサプロ
(SSRI)
++++±+++++
サインバルタ
(SNRI)
+±++±++++±
トレドミン
(SNRI)
+±++±+++±
ドグマチール
スルピリド
±±-±±++

イフェクサーの副作用の特徴としては、実は総じて全体的に副作用は少なめで、服用初期の吐き気は比較的生じやすく、不眠や頭痛といったノルアドレナリン系の副作用がやや多めな点が挙げられます。

イフェクサーの副作用各論

Ⅰ.吐き気

吐き気や胃部の不快感といった胃腸障害の副作用を生じる事があります。

これは、脳だけでなく胃腸にもセロトニン受容体じゅようたい(受容体とは神経伝達物質の受け取り口となる部分です)が存在するために生じます。

本当は脳神経のセロトニンだけを増やしたいのですが、お薬は全身に回りますので他の部位にも効いてしまうのです。

胃腸にはセロトニン3受容体というものがあり、抗うつ剤の内服によってこの受容体が刺激されると吐き気が生じてしまうのです。

イフェクサーも例外ではなく、吐き気は起きるものとしていていただいた方が良いでしょう。

幸い胃腸系の副作用は、服用初期に出現する事が多く、長くは続かない事がほとんどで、1~2週間様子をみていれば自然と改善していきます。

対処法

基本的には耐えられるのであれば経過を見るのがベストでしょう。
一時的に胃薬を併用する事もあります。


  • ガスモチン(一般名:モサプリド)
  • ソロン(一般名:ソファルコン)
  • ムコスタ(一般名:レパミピド)

◆胃酸の分泌を抑えるお薬

  • ガスター(一般名:ファモチジン)
  • タケプロン(一般名:ランソプラゾール)
  • ネキシウム(一般名:エソメプラゾール)

Ⅱ.不眠

イフェクサーは深部睡眠(深い眠り)を障害するため、不眠を起こす事があります。

これはイフェクサーに限らず抗うつ剤の持つ、セロトニン2受容体刺激作用による副作用ですのでイフェクサーに限った副作用というわけではありません。
またイフェクサーは覚醒度を上げる神経伝達物質「ノルアドレナリン」を増やすことも不眠の原因となります。

抗うつ剤には「眠気」の副作用もある反面、逆に「不眠」の副作用もあります。

日中眠くなって仕事などに影響がありつつも、夜はいざ眠るとなると浅い眠りになってしまうのです。

不眠の対処法

基本的には以下の対処法が有効です。


  1. 服用時間を変る
  2. 服薬時間を朝食後などにすると改善することがあります。

  3. 減薬する
  4. 鎮静系抗うつ剤に変える・追加する
  5. 四環系やデジレル、Nassa(リフレックスレメロン)などの鎮静系坑うつ剤は通常多くの抗うつ剤にある不眠の副作用はなく逆に睡眠を改善させる作用があります。厳密には深部睡眠を促進するため、深い眠りを導いてくれるのです。こういった鎮静系抗うつ剤は、深部睡眠を促進するため、イフェクサーの不眠の副作用を打ち消してくれるのです。


Ⅲ.眠気

眠気はイフェクサーに限らずほとんどの抗うつ剤で生じうる副作用です。

眠気は、抗うつ剤の持つ抗ヒスタミン作用(ヒスタミンのはたらきをブロックする)が主な原因で、それ以外にも抗セロトニン2作用、抗α作用、抗コリン作用なども関係していると考えられます。

ただイフェクサーは、特に高用量で服薬すると、覚醒度を上げる神経伝達物質「ノルアドレナリン」を増やすため、眠気は比較的生じにくいでしょう。

Ⅳ.性機能障害

性機能障害は相談しずらい症状ですので見逃されがちですが、性機能障害(勃起障害や射精障害、性欲低下、オーガズム障害)を認めることがあります。

この原因は詳しくは分かっていませんが、セロトニンが関与していると言われています。

イフェクサーはセロトニンよりもノルアドレナリンを増やす作用が高いため、イフェクサーによる性機能障害の頻度は他のSSRI/SNRIと比べるとやや少なめです。

性機能障害の対処法

減薬もしくはお薬の変更が対処法となります。
イフェクサーももともと性機能障害の頻度は他より少なめですが、同じく少な目の抗うつ剤としてはNaSSA(リフレックスレメロン)、四環系抗うつ剤(テトラミド、ルジオミールなど)が挙げられます。

またバイアグラに代表されるようなED治療薬も有効です。

Ⅴ.抗コリン症状(便秘、口渇、尿閉)

抗コリン症状とは、抗うつ剤がアセチルコリンという物質のはたらきをブロックしてしまう事で生じる諸症状の総称です。

抗うつ剤といえば、便秘・口が渇くは様々な本や資料に記載されていますが、これらの副作用は「抗コリン症状」とよばれる作用なのです。

口渇、便秘が生じる頻度が多いですが、他にも尿閉、顔面紅潮、めまい、悪心、眠気など多彩な症状が起こります。

ただしイフェクサーをはじめとしたSNRIは抗コリン症状の頻度は少なめです。

抗コリン症状に関して詳細はこちらをご参照ください。

Ⅵ.ふらつき・めまい

めまいやふらつきは、抗うつ剤がα(アドレナリン)1受容体という部位をブロックし、血圧を下げてしまうために起こります。

ただしイフェクサーは覚醒度や血圧を上げる物質であるノルアドレナリンを増やす作用に優れるため、めまいやふらつきの程度は少なく、起こったとしても弱めです。

めまい・ふらつきへの対処法

飲み初めの場合は、1-2週間で改善されることもあるため様子をみます。
改善がない場合には、イフェクサーであれば用量を増やすことで神経伝達物質「ノルアドレナリン」の作用が増強され、この副作用は緩和されることもあります。

他の副作用も重なる場合は減薬し、他の抗うつ剤への変更を検討します。

抗うつ剤のα1受容体遮断作用によってめまいやふらつきが起こるので、これを和らげるお薬としては主に昇圧剤(リズミック、アメジニンなど)が用いることがありますが、薬の副作用に薬を使用することは心理的負担が大きいかもしれません。

Ⅶ.体重増加・太る副作用

体重増加は眠気と同じく、主に抗ヒスタミン作用で生じるため、眠気の多いお薬は体重も増えやすいと言えます。

イフェクサーをはじめとしたSNRIは、代謝を上げる神経伝達物質で「ノルアドレナリン」を増やすため、実は他の抗うつ剤と比べて太りにくくはあるのです。

ただもちろんイフェクサーも体重増加の副作用が出てしまう事はあるので全く太らないとは言えません。

太る副作用への対処法

抗うつ剤は一般的に食欲が増加したり、代謝が落ちることで太りやすくなります。
同じ量を食べていても、抗うつ剤を服用している場合には太ってしまうことがあるのです。

太ってからお薬をやめても、結局食事や運動に気を配らないと元の体重に勝手に戻ることはありません(もちろん勝手に太っていくことはなくなりますが・・・)。

抗うつ剤内服中は、食事や運動に気を配っての予防が何よりも大事なのです。

まとめ

イフェクサーSR(一般名:ベンラファキシン)は一般的には耐用性・忍容性の良い(比較的飲み続けやすい)お薬に改良されておりますが、それでも吐き気、眠気、口の渇き、めまい、焦燥感、便秘、無気力、不安感、食欲不振、性機能障害などの副作用はでることがあります。

もちろん他のSSRIやSNRIと同じように、イフェクサーSRを突然やめてしまえば、吐き気・眠気・不眠からなる離脱症状をおこすこともあります。

イフェクサーSRも他の抗うつ剤とおなじく、飲み始めに最も副作用が起きやすく、特に困るのは吐き気・眠気・口の渇き・便秘です。

そして見逃せないのが、神経伝達物質「ノルアドレナリン」を増加させることによる血圧上昇です。

高血圧で治療中の方にとっては、厄介です。
イフェクサーの量に依存してノルアドレナリン上昇→血圧上昇となりますので、イフェクサーの減薬で改善はみられるます。

このように副作用のほとんどは飲んでいる量に関連していることが多いこと、飲み始めた初期だけの問題のことも多いです。
また減薬で対応することができることが多いので、副作用止めのお薬を増やすよりは、なるべく薬の種類は増やさないようにしていくほうが良いでしょう。

参考)添付文書【副作用】

国内臨床試験において、本剤が投与された総症例1,255例中1,028例(81.9%)に副作用が発現した。主な副作用は、悪心(33.5%)、腹部不快感(腹痛、膨満、便秘等)(27.2%)、傾眠(26.9%)、浮動性眩暈(24.4%)、口内乾燥(24.3%)、頭痛(19.3%)であった(承認時)。
1.重大な副作用
1).セロトニン症候群(0.2%):不安、焦燥、興奮、錯乱、発汗、下痢、発熱、高血圧、固縮、頻脈、ミオクローヌス、自律神経失調等が現れることがあるので、異常が認められた場合には、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う。
2).悪性症候群(頻度不明):無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合があり、抗精神病剤との併用時に現れることが多いため、特に注意し、異常が認められた場合には、抗精神病剤及び本剤の投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う(本症発現時には、白血球増加や血清CK上昇(血清CPK上昇)がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下がみられることがある)。
3).抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(頻度不明):低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム排泄量増加、高張尿、痙攣、意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)が現れることがあるので、これらの症状が現れた場合には、直ちに投与を中止し、水分摂取の制限等適切な処置を行う。
4).QT延長(0.5%)、心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)、心室細動(頻度不明):QT延長、心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)、心室細動が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
5).痙攣(0.2%):痙攣が現れることがあるので、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
6).アナフィラキシー(頻度不明):アナフィラキシー(呼吸困難、喘鳴、血管浮腫等)が現れることがあるので、異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
7).中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群)、多形紅斑(頻度不明):中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。
8).横紋筋融解症(頻度不明):横紋筋融解症が現れることがあるので、観察を十分に行い、筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇等が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。また、横紋筋融解症による急性腎不全の発症に注意する。
9).無顆粒球症、再生不良性貧血、汎血球減少症(頻度不明)、好中球数減少、血小板数減少(0.2%):無顆粒球症、再生不良性貧血、汎血球減少症、好中球数減少、血小板数減少が現れることがあるので、観察を十分に行い、必要に応じて血液検査を行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
10).間質性肺疾患(頻度不明):間質性肺疾患が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
11).高血圧クリーゼ(頻度不明):高血圧クリーゼが現れることがあるので、血圧の推移等に十分注意しながら投与し、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
12).尿閉(0.2%):尿閉が現れることがあるので、症状が現れた場合には投与を中止し、導尿を実施するなど適切な処置を行う。
2.その他の副作用:次のような副作用が認められた場合には、必要に応じ、減量、投与中止等の適切な処置を行う。
1).過敏症:(1〜5%)発疹、そう痒症、(1%未満)蕁麻疹、(頻度不明)血管浮腫、光線過敏性反応。
2).精神神経系:(5%以上)傾眠、不眠症、頭痛、浮動性眩暈、(1〜5%)易刺激性、異常感覚(錯感覚、感覚鈍麻等)、筋緊張亢進(筋骨格硬直、筋痙縮等)、振戦、(1%未満)躁病、激越、落ち着きのなさ、幻覚、譫妄、異常な夢(悪夢等)、無感情、失神、味覚異常、リビドー減退、アカシジア、ジスキネジー、ミオクローヌス、(頻度不明)錯乱状態、神経過敏、鎮静、離人症、錐体外路障害(ジストニーを含む)、協調運動障害、平衡障害。
3).消化器:(5%以上)悪心、嘔吐、口内乾燥、腹部不快感(腹痛、腹部膨満、便秘等)、下痢、(1〜5%)食欲減退、(頻度不明)膵炎、歯ぎしり。
4).感覚器:(5%以上)調節障害、(1〜5%)耳鳴、視覚障害、(頻度不明)散瞳、閉塞隅角緑内障。
5).循環器:(5%以上)動悸、(1〜5%)血圧上昇、頻脈、(1%未満)血圧低下、起立性低血圧。
6).血液:(1%未満)異常出血(斑状出血、粘膜出血、胃腸出血等)、(頻度不明)出血時間延長。
7).肝臓:(5%以上)肝機能検査値異常(ALT上昇(GPT上昇)・AST上昇(GOT上昇)・γ−GTP上昇・LDH上昇・Al−P上昇・血中ビリルビン上昇等)、(頻度不明)肝炎。
8).泌尿器・生殖器:(5%以上)排尿困難、(1〜5%)頻尿、(1%未満)月経障害、射精障害、勃起不全、(頻度不明)尿失禁、オルガズム障害、無オルガズム症。
9).代謝・内分泌:(1〜5%)血中コレステロール増加、(1%未満)低ナトリウム血症、(頻度不明)血中プロラクチン増加。
10).その他:(5%以上)体重減少、発汗(寝汗等)、無力症(疲労、倦怠感等)、(1〜5%)ほてり、体重増加、(1%未満)あくび、悪寒、呼吸困難、脱毛症、骨折。
頻度は国内臨床試験に基づく。

主な副作用

悪心、腹部不快感、腹痛、便秘、傾眠、浮動性眩暈、口内乾燥、頭痛、発汗、下痢、不眠症

重大な副作用

セロトニン症候群、不安、焦燥、興奮、錯乱、高血圧、固縮、ミオクローヌス、自律神経失調、QT延長、好中球数減少、血小板数減少、尿閉、発熱、頻脈、悪性症候群、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、血圧変動、白血球増加、血清CK上昇、CK上昇、血清CPK上昇、CPK上昇、ミオグロビン尿、腎機能低下、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、SIADH、低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム排泄量増加、高張尿、痙攣、意識障害、心室頻拍、Torsades de Pointes、心室細動、アナフィラキシー、呼吸困難、喘鳴、血管浮腫、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens−Johnson症候群、多形紅斑、横紋筋融解症、筋肉痛、脱力感、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、急性腎不全、無顆粒球症、再生不良性貧血、汎血球減少症、間質性肺疾患、高血圧クリーゼ

上記以外の副作用

嘔吐、腹部膨満、調節障害、動悸、肝機能検査値異常、ALT上昇、AST上昇、γ−GTP上昇、LDH上昇、Al−P上昇、血中ビリルビン上昇、排尿困難、体重減少、寝汗、無力症、疲労、倦怠感、発疹、そう痒症、蕁麻疹、易刺激性、異常感覚、錯感覚、感覚鈍麻、筋緊張亢進、筋骨格硬直、筋痙縮、振戦、躁病、激越、落ち着きのなさ、幻覚、譫妄、異常な夢、悪夢、無感情、失神、味覚異常、リビドー減退、アカシジア、ジスキネジー、食欲減退、耳鳴、視覚障害、血圧上昇、血圧低下、起立性低血圧、異常出血、斑状出血、粘膜出血、胃腸出血、頻尿、月経障害、射精障害、勃起不全、血中コレステロール増加、ほてり、体重増加、あくび、悪寒、脱毛症、骨折、過敏症、光線過敏性反応、錯乱状態、神経過敏、鎮静、離人症、錐体外路障害、ジストニー、協調運動障害、平衡障害、膵炎、歯ぎしり、散瞳、閉塞隅角緑内障、出血時間延長、肝炎、尿失禁、オルガズム障害、無オルガズム症、血中プロラクチン増加


関連記事

  1. イフェクサーの小児・妊婦への使用

    イフェクサーの小児・妊婦・授乳中の服用について

  2. イフェクサーの離脱症状、シャンビリ

    イフェクサーSRカプセルの離脱症状、安全な減薬と断薬について…

  3. イフェクサーSRカプセル

    イフェクサーSRカプセルの効果と特徴