イフェクサーSRカプセルの離脱症状、安全な減薬と断薬について

イフェクサーの離脱症状、シャンビリ

イフェクサーをやめたり、減らしたりするときに不快な症状を伴うことがあり、これを離脱症状といいます。

不快な症状と言っても、副作用とは違います。

イフェクサーを内服中に出現する吐き気や日中の眠気など不快な症状を「イフェクサーの副作用」と言いますが、イフェクサーをやめたり減薬したり、飲み忘れたときにでてしまう症状を離脱症状といいます。

簡単に言えば、内服中の血中濃度があがるときに出る不快症状は「副作用」、逆に血中濃度が下がることで出てしまう不快な症状が「離脱症状」です。

ここでは離脱症状について解説しましょう。


離脱症状とは

「離脱症状」という言葉は正式名称ではありません。
医学的には「中断症候群」というのが正式です。

なぜ「離脱」という言葉からはアルコール離脱、麻薬・覚せい剤離脱などの「依存」や「中毒」などとは明確に区別されるという意味合いからでしょう。
イフェクサーの離脱症状は依存や中毒ではなく、あくまで中断による一連の症状(症候群)なのです。

ただここではわかりやすく「離脱症状」で説明していきます。

離脱症状による主な症状

離脱症状に特徴的な症状としては、「シャンビリ」と言われているように耳鳴りや電気が走ったような神経痛がメインですがありとあらゆる症状が出現します。


  • 耳鳴り
  • しびれ(電気が走るような感じ)
  • めまい
  • 発汗
  • 発熱
  • 吐き気
  • 震え
  • ソワソワ感

およそ1か月程度内服し続けたのち、減薬もしくは中止後3日以内に起こります。

離脱症状はなぜ起こる?

離脱症状はセロトニンの急激な低下が関係していることは間違いありませんが、その詳細な機序はいまだ不明なところもあります。
もともとイフェクサーをはじめSNRIは、セロトニン量を増やすことで抗うつ効果を発揮するのですが、内服をはじめてすぐに効くのではなく2週間程度してから効果を出し始めます。

これはセロトニン量を増やすことに適応した神経細胞内の適応によるタイムラグが生じることでおこるのですが、どうやらこれが逆にやめたときの離脱症状に関係していると考えられるのです。

ある程度の期間、抗うつ剤の内服を継続していると、身体は 「毎日抗うつ剤は入ってくるもの」と認識し、それに基づいて身体の様々な機能を調整するようになります。
それが、ある日突然入ってこない、あるいは入ってくる量が予想外に少ないとなると身体はびっくりして適応できなくなってしまいます。

その結果、様々な自律神経症状が体に現れ、耳鳴り、めまい、しびれ、頭痛などが生じます。

これが離脱症状の正体と考えられるわけです。

離脱症状は出現するといつまで続く?

離脱症状は2週間(長くても6週間)程度で落ち着きます。
ただし抗うつ剤を再開すればすみやかにおさまるのも特徴です。

他の抗うつ剤との比較

頻度は約20%程度と言われています。

離脱症状は、抗うつ剤の中でも「効果の強いお薬」に多くみられ、それは効果の強いお薬の方が、減った時の反動が大きいためです。

また離脱症状の起こりやすさは一般に半減期の長さによって規定されます。
半減期が短い抗うつ薬ほど離脱症状は起きやすくなります。

※半減期:お薬の血中濃度が半分になるまでの時間で、お薬の作用時間の1つの目安になる。

抗うつ剤の種類
抗うつ剤半減期
三環系トフラニール9-20h
三環系トリプタノール18-44h
三環系アナフラニール21h
三環系ノリトレン18.2-35.2h
三環系アモキサン8h
四環系ルジオミール
マプロチリン
46h
四環系テトラミド
ミアンセリン
18h
SSRIパキシル
パロキセチン
14h
SSRIルボックス
デプロメール
8.9h
SSRIジェイゾロフト
セルトラリン
22-24h
SSRIレクサプロ24.6-27.7h
SNRIトレドミン
ミルナシプラン
8.2h
SNRIサインバルタ10.6h
SNRIイフェクサー9.3h
NaSSAリフレックス
レメロン
32h
その他デジレル
レスリン
6-7h
その他ドグマチール
スルピリド
8h

離脱症状が起こったらどう対処する?

離脱症状はありとあらゆる症状を起こしますが、中でも代表的な症状はシャンビリ(耳鳴りと電気が走ったような感覚)です。

イフェクサーを飲んでいて次のようなことに該当したときにそれが起こります。


  1. 飲み忘れた
  2. 自分の判断で勝手にイフェクサーをやめた・減らした
  3. 医師の指示のもと減薬していて生じた

「飲み忘れた」、「やめた」、「減薬した」
これらは、いずれにせよイフェクサーの内服を再開するしかありません。

減薬・中断すると、だいたい3日以内に離脱症状が出現します。
特に高用量からいきなり中止した際は反動が大きいため、離脱症状も強く起こりやすくなります。

また医師の指示のもと減薬していても残念ながら症状を起こすことはあります。
この場合、我慢できるようならそのまま2週間程度(長いと4週間以上のことも)をやり過ごせれば症状は徐々に緩和していきます。

症状がつらいときは元の量に戻し、そこから再度主治医と相談します。
その後の減薬方法について解説していきましょう。

医師の指示のもと減薬して離脱症状を招いた場合の対処法

いったん減薬を延期

少し様子をみてから、数か月後に減薬してみるとうまくいくことがあります。
これはかなり経験されることですので、一度離脱症状が起こっても怖がらずに再挑戦はできます。

ただし、減薬スピードを初回より落とす必要があります。

減薬する速度を落とす

離脱症状の対処法の基本でもあります。
ゆっくり、慎重にです。

例えばイフェクサー150mgを半分の75mgに減薬したときに離脱症状が出てしまったのなら、一旦37.5mgカプセルを利用して112.5にしてから数週間様子をみて、そこから75mgへ減薬をします。
それでも離脱症状が起こってしまうようなら、交互内服という手も有効です。

例えば1日目は150mg-2日目は112.5mg-3日目は150mg-4日目は112.5mg-・・・・

これを2週間やった後、次の2週間は毎日112.5mg、その次の2週間はまた1日目は112.5mg、2日目は75mg・・・・といった具合です。

また、減薬のペースも大切です。

一般的には2週間に1度のペースで減らしていくのがいいとされてますが、そのペースで離脱症状が出てしまう時は、1か月に1回のペースで減らすのも有効です。

いろいろな方法がありますので、うまくいかなくてもあせらないことが大切です。

離脱症状とうつ病再発を間違えやすい

抗うつ剤をやめていくときに離脱症状が出現すると、一見薬をやめて症状が再発したように思うことがあります。
これによって「うつ病が再発してしまった」「一生薬を飲むのかな」とと落ち込んでしまう方がいます。

伝え方によっては医師も再発と思い込んでしまうことがあります。

「離脱症状」と「病気の再発」は全くの別物です。ここを誤解してはいけません。

離脱症状は「抗うつ剤の血中濃度が急に下がった」ために生じただけで、別に病気が再発したわけではないのです。
再度もとの量に戻せば症状は落ち着きます。

離脱症状はやめてすぐに、再発はやめて数か月たってからということが多いです。


関連記事

  1. イフェクサーSRカプセル

    イフェクサーSRカプセルの効果と特徴

  2. イフェクサーの小児・妊婦への使用

    イフェクサーの小児・妊婦・授乳中の服用について

  3. イフェクサーの副作用

    イフェクサーSRの副作用|眠気や不眠、吐き気、太る副作用の対…