ハルシオン服用中のお酒(アルコール)について

ハルシオンとお酒

睡眠薬とお酒・アルコールは一緒に飲んではいけません。

ハルシオンは特にキレが良い睡眠薬なので、アルコールとの併用は注意が必要です。

ハルシオンとアルコールを一緒に飲むことで、意識が落ちたり、ふらつきや転倒の要因にもなりますし、依存形成も急速に起こってしまいます。

なぜ睡眠薬とお酒を一緒に飲んではいけないのかについて解説します。


ハルシオンと酒・アルコールの併用がだめな理由

酒・アルコールとの併用については注意書きがあります。

【併用注意】

アルコール(飲酒)

臨床症状・措置方法:精神神経系等の副作用があらわれるおそれがある。なお、できるだけ飲酒は避けさせること。
機序・危険因子:中枢神経抑制作用が増強される。

アルコールとハルシオンの併用は「できる限り控えること」とされています。
その理由はアルコールもハルシオンもともに脳のはたらきを抑えてしまうためと相互に作用を増強するからです。

睡眠薬もアルコールも、脳のはたらきを抑える効果があり、同時に使ってしまうと脳の過剰な鎮静・抑制の原因になるのです。

併用を避けるべき理由として「脳のはたらきを過剰に抑えてしまうのが危険だから」が挙げられていますが、実は問題はこれだけではありません。

アルコールと睡眠薬の併用は、長期的にも大きな問題を引き起こします。それは「耐性・依存性形成」です。

アルコールにもハルシオンにも耐性や依存性があります。

耐性と依存性
耐性:次第に身体が慣れてきて、効かなくなってくる事です。

依存性:ある物質に頼り切ってしまうことで、その物質なしではいられなくなる現象です。


耐性も依存性もアルコールとハルシオンを併用する事で、より急速に形成されてしまうことが問題なのです。

ハルシオン・アルコール併用の害

  • 睡眠薬と酒・アルコールを併用すると、脳を過剰に鎮静して健忘や転倒、異常行動の原因になる。
  • 耐性・依存性がより急速に形成され、アルコール依存症・薬物依存症にもなりやすくなる。

ハルシオンと酒・アルコールの併用で起こる問題

睡眠薬とお酒を一緒に飲んでしまうと、どうなってしまうのでしょうか?

前章では副作用が起きやすくなることや依存性耐性の問題を挙げましたが、短期的な害ではお酒や睡眠薬が残りやすくなるために、翌朝の眠気やだるさが強くなります。

普通量のお酒を飲んだだけなのに二日酔いになったり、寝坊・遅刻してしまったり、更に眠気やだるさで翌日の仕事に集中できなくなったりします。

もちろんハルシオンの副作用である、 健忘やせん妄も起こりやすくなります。

睡眠薬の血中濃度が不安定になるため、内服後に自分では覚えてない異常行動(歩いたり、ものを食べたり、人と話したり)を起こしやすくなるのです。

長期的に見ると、耐性や依存性が形成されやすくなります。
こうなると次第にどの睡眠薬も効かなくなり、不眠の症状で打開策がなくなり非常に大変です。

海外のいくつかの国ではハルシオンは販売中止となっているほどなのです。

ハルシオンは特にアルコールとの併用は避けるべきなのです。

どうしても酒・アルコールを飲みたくなったら

最初から答えを言いますと、どうしても飲みたいという時は睡眠薬を飲まない事につきます。

もちろん飲酒はしないことが望ましいのですが、お酒を飲んでしまった場合その日のハルシオンは内服しないでください。

ハルシオンがなければ眠れないかもしれません。
お酒を飲んでしまったときにできることはハルシオンを飲まないことなのです。


関連記事

  1. ハルシオン錠

    ハルシオン錠(トリアゾラム)の効果と特徴、強さについて。ハル…

  2. ハルシオンのジェネリック「トリアゾラム」

    トリアゾラム錠について|ハルシオンのジェネリック医薬品

  3. ハルシオンの副作用

    ハルシオンの副作用と依存性

  4. ハルシオン大量服薬

    ハルシオンを致死量服薬してしまう大量服薬(OD)とは?