光トポグラフィー検査について

今のところ、発達障害をはじめその他精神疾患を診断できる確実なバイオマーカー(客観的な指標として活用されるような生物学的指標)や臨床検査はなく、医師の問診や質問紙による心理検査などから得た情報をもとに診断することが一般的でした。

しかしこの数年、「光トポグラフィー検査」を導入する医療機関が増えています。

光トポグラフィー検査は、認知課題遂行時の脳の血流変化パターンで病態を予測することが可能な検査です。結果はグラフ化されるので、脳の働き方を目で見て確認することができます。客観性が高いことから、診断鑑別のための有力な補助検査となりつつあります。

光トポグラフィー検査とは?

脳に対して非侵襲的である近赤外線スペクトロスコピィ(Near-Infrared Spectroscopy:NIRS)用いて、精神疾患における前頭葉機能の特徴を捉えるものです。

言語流暢性課題げんごりゅうちょうせいかだいにおける前頭部の賦活反応性の特徴がうつ病・双極性障害・統合失調症で異なることを用いて、うつ病と臨床診断されている場合に真の診断が双極性障害や統合失調症である可能性を示唆することができるため、精神疾患のための臨床検査として期待されています。しかし、あくまでも「鑑別診断補助」という位置づけであることを十分に理解した上で適正に施行する必要があります。

光トポグラフィーの原理

光トポグラフィー検査は、近赤外光が血液のヘモグロビン以外に大きな吸収体をもたない特徴を利用した近赤外線分光法(Near-Infrared Spectroscopy:NIRS)を利用します。頭皮上から近赤外光を照射し、検出された光量から、脳内の血液中の酸化・還元ヘモグロビンの濃度変化に伴う血液量変化を測定します。

光トポグラフィーについて詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。


(平日10:00-18:30・土日祝日は休診)

メール相談

MAP

JR赤羽駅「南口」より徒歩2分
(セブンイレブンのあるビルの5階です。)


〒115-0044 東京都北区赤羽南1丁目4-8 赤羽南商業ビル5階

当院が運営する精神科情報サイト

医者が教えない精神科のこと