ソラナックスによる日中の眠気とその対策、0.4mgでも眠気は起こり得るので半錠に減らしたり飲む時間を変えるなどは有効です。

ソラナックスの眠気

ソラナックス(一般名:アルプラゾラム)は抗不安薬(不安を和らげる作用を持つ薬)です。

副作用として、日中に眠くなってしまうことがあります。

生活に支障をきたすほどであれば問題です。

ソラナックスで眠気が生じる理由とその対処法についてご紹介します。



ソラナックスで眠気が生じる理由

ソラナックスは「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」という種類に分類されるお薬です。

抗不安薬というのは不安をおさえる作用を持つお薬のことで、ベンゾジアゼピン系というのは、脳の神経伝達に関連する物質「GABAギャバ」の力を強める方向に作用させます。

GABAはチョコレートでも有名なあのGABAのことです。
ギャバチョコ
GABAチョコレートが「ストレスに」と言っているのはここからなのです。

薬に話を戻しますと、具体的にはGABA-Aギャバ・エーという受容体じゅようたい(神経伝達物質の受け取り口)を刺激し、その作用を強めることが主なはたらきです。

GABA-A受容体は、「抑制系受容体」と呼ばれており、脳や身体を鎮静させる方向にはたらきます。

具体的には、ソラナックスには次の4つの作用があります。


  • 抗不安作用(不安を和らげる)
  • 催眠作用(眠くする)
  • 筋弛緩作用(筋肉の緊張を和らげる)
  • 抗けいれん作用(けいれんを抑える)

※ベンゾジアゼピン系は基本的にはどれも、この4つの作用を持っています。
そして、それぞれの作用の強さはおくすりによって異なります。

そして、ベンゾジアゼピン系のうち、

  • 抗不安作用に優れるものは抗不安薬
  • 催眠作用に優れるものは睡眠薬
  • 筋弛緩作用に優れるものは筋弛緩薬
  • 抗けいれん作用に優れるものは抗けいれん薬

と呼ばれています。

ソラナックスは、抗不安作用に優れるため、「抗不安薬」に分類されているのです。

ソラナックスは抗不安作用に優れてはいますが、その他の筋弛緩作用や催眠作用、抗けいれん作用が全くないわけではなく、不安をおさえる以外の作用も働くことによって眠気が生じているのです。

ソラナックスとその他の抗不安薬との眠気の強さの比較

それぞれの抗不安薬の眠気の起こりやすさは、次のようになります。

抗不安薬作用時間(半減期)抗不安作用眠気
リーゼ短い(~6h)±
デパス短い(-6h)++++++
ソラナックス
コンスタン
中(14h)++++
ワイパックス中(12h)+++++
レキソタン
セニラン
中(20h)+++++
セパゾン中(-21h)++++
セレナール長い(56h)
バランス
コントール
長い(-24h)
セルシン
ホリゾン
長い(50h)+++++
リボトリール
ランドセン
長い(27h)++++++
メイラックス超長時間(-200h)++
レスタス超長時間(-190h)+++++

基本的には、不安をおさえる作用が強いほど、眠気も強くなる傾向があります。
ソラナックスの眠気の起こる強さや頻度は、抗不安薬の中では「中等度(普通)」です。

ソラナックスを飲んで眠気が生じたときの対処法

基本的に眠気の副作用は、ソラナックスの内服を始めたばかりのころに起こりやすく最初の1-2週間で身体が慣れてくると治まる傾向にあります。

様子をみる

内服をはじめて間もない場合は、身体がおくすりに慣れていないために眠気が起こりやすくなることがあります。

1-2週間様子をみると、身体がおくすりに適応して眠気が軽くなってくることがあります。

量を減らす

ソラナックスの量を減らせば、当然眠気も軽くなります。

量が減れば不安をおさえる効果も弱くなりますが、特に身体が慣れるまでの期間(1-2週間)は量を減らしてみるのは有効です。 

増やして眠くなるのであれば元の量に戻したり、ソラナックスは0.4mgが最小量ですがこれを半分に割って半錠の錠剤で微調整して様子を見ることになります。

飲む時間を変える

服薬する時間を変えて、眠気が起こる時間をずらします。

例えば、ソラナックス0.4mg錠を1日3回毎食後(トータル1.2mg -これが最大量です-)を服用していたとします。

日中の眠気で困っているようであれば、昼食後の服薬を中止して、朝・夕食後にそれぞれ0.6mgずつ服薬にしてみるといいかもしれません。

お昼の分を抜くことになりますが、ソラナックスは理論的には半日ほど効くお薬です。

違う抗不安薬に変える

同じ抗不安薬でも、個人差があり薬との相性は少なからずあります。

身体が慣れるまで様子をみて、量を減らしても、飲む時間を変えても耐えられない眠気が来てしまう場合は薬の変更を検討しましょう。

ソラナックスと似たような抗不安薬は以下のものが挙げられます。


  • ワイパックス      : 作用時間12時間、効果強い
  • レキソタン/セニラン  : 作用時間20時間、効果強い
  • セパゾン        : 作用時間11-20時間、効果やや強い

(ソラナックス:作用時間14時間、効果中等度)



関連記事

  1. ソラナックス錠

    ソラナックス錠(アルプラゾラム)の効果・作用時間と半減期。飲…

  2. ソラナックスの副作用

    ソラナックス(アルプラゾラム)の副作用||認知症のリスクも上…

  3. ソラナックス妊娠中の服用

    ソラナックス(アルプラゾラム)の妊娠中の使用について

  4. メデポリン・カームダン

    ジェネリック医薬品「メデポリン|カームダン」の効果と副作用

  5. ソラナックスとお酒

    ソラナックスとお酒・アルコールを一緒に飲んではいけない?もし…

  6. ソラナックス(アルプラゾラム)の依存

    ソラナックス(アルプラゾラム)の依存性と離脱症状。断薬成功の…