ワイパックスと酒・アルコールを一緒に服用しても良いか!?

ワイパックスと酒(アルコール)

ワイパックスの服薬中に、お酒・アルコールを一緒に飲んでいても大丈夫でしょうか?

基本的にワイパックス服用中は、極力飲酒すべきではありません。

なぜ酒・アルコールを飲んではいけないのか、飲んだらどうなってしまうのかについてご紹介しましょう。


ワイパックスと酒・アルコールの併用はなぜいけない?

酒・アルコールとの併用についてはこのように記載があります。


【相互作用】
(併用注意)アルコール(飲酒)

臨床症状・措置方法:眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下を増強することがある。
機序・危険因子  :相互に中枢神経抑制作用を増強することがある。


ワイパックスとアルコールとの併用は「禁忌」にはなってはいませんが、「併用注意」となっております。

「お互いに中枢神経の働きを抑えてしまうため」それによって「眠気や注意力低下などが起きやすくなるため」です。

ワイパックスもアルコールも、どちらも脳を落ち着かせる作用があり、これらを併用することで、お互いの作用を強めあってしまい脳を過剰に眠らせてしまうことがあり得るのです。

問題はそれだけでなく、ワイパックスとアルコールを併用を続けていると、長期的にも大きな問題を引き起こします。

それは「耐性・依存性形成」の問題です。

耐性とは、ある物質を摂取し続けると次第に身体が慣れてきて、効かなくなってくる事です。

交叉耐性こうさたいせいといって、アルコールに耐性ができあがると同時にワイパックスにも耐性ができてしまいます。

また依存性とは、ある物質を長期に摂取し続けていると、次第にその物質なしではいられなくなることをいいます。

我が国のアルコール依存症患者は80万人、アルコール依存症予備軍は440万人と言われており、アルコール依存は社会的にも大きな問題となっています。

ワイパックスにも、アルコールよりは弱いものの依存性があるのです。

そしてアルコールと抗不安薬を併用する事で、お互いの作用が強まり合い、より急速に耐性や依存性が形成されてしまうという事です。

つまり、抗不安薬とアルコールを一緒に飲んでいると、アルコール依存や薬物依存になりやすくなりこれが問題なのです。

ワイパックスと酒・アルコールの併用実例

ワイパックスとお酒を一緒に飲んでしまうと、実際はどうなってしまうのでしょうか?

短期的にはお酒や抗不安薬が残りやすくなるために、眠気やだるさが強くなります。

また普通量のお酒を飲んだだけなのに二日酔いになったり、寝坊・遅刻してしまったりすることがあります。

また先述した通り、長期的に見ると、耐性や依存性が形成されやすくなります。
耐性が形成されると、効きが悪くなるため、抗不安薬の量が増えていきます。

それでも併用を続けていると、次第にどの抗不安薬も効かなってしまう可能性もあります。
効くおくすりがなくなってしまうと、打つ手が無くなるため患者さんは非常に苦しむことになります。

酒・アルコールを飲みたくなったら

基本、飲むならワイパックスを飲まない事

飲酒はしないことが望ましいのですが、どうしてもお酒を飲まなくてはいけないときはアルコールを摂取する前後にはワイパックスは内服しないでください。

そうすれば、短期的にはつらいかもしれませんが、耐性や依存性形成、
翌朝の倦怠感や過鎮静などのリスクを低くすることができます。


関連記事

  1. ワイパックス眠気

    ワイパックスによる眠気と、日中の眠気がでたときの対処法

  2. ワイパックスの舌下投与

    ワイパックスの舌下投与について!?不安発作時に舌下内服で即効…

  3. ワイパックスの離脱症状

    ワイパックスの離脱症状とその対策、ワイパックスは比較的「離脱…

  4. ロラゼパム錠0.5mg

    ロラゼパム錠「サワイ」(旧:ユーパン錠|ワイパックスのジェネ…