ジェイゾロフト(セルトラリン)で眠気と倦怠感が酷い…これってジェイゾロフトの効果?日中眠気がでて困る方へ徹底解説!

ジェイゾロフトによる眠気


ジェイゾロフト(セルトラリン)の副作用には眠気があります。
日中の眠気によって仕事に支障が出てしまうことがあります。

花粉症などのお薬と同じで抗ヒスタミン作用によるのですが、お薬によって起こる眠気は我慢できるものではありませんね。
もちろん全く問題ない人もおり、かなり個人差が大きいのです。

眠気が出てしまうようならお薬を変えるしかないのでしょうか?

ここでは、ジェイゾロフトの効果によって起こってしまう日中の眠気についての対策を解説します。

※なお、ジェイゾロフトのジェネリックは「セルトラリン」ですが、同じ成分です。ジェネリックについて知りたい方はこちらを参照ください。


なぜ眠気が出てしまうの?

ジェイゾロフト(セルトラリン)は、脳の神経伝達物質を調整することで抗うつ効果を発揮する抗うつ剤です。
神経伝達物質というのは、神経細胞と神経細胞の情報のやり取りをする物質のことで、脳の活動は電気信号だけでなく物質によっても制御されているのです。

神経伝達物質にはセロトニンやノルアドレナリン、ドパミンなどがあり、セロトニンは落ち込みや不安を、ノルアドレナリンは意欲や活気を、ドパミンは楽しみや快楽に関連しています。

ジェイゾロフトは主にセロトニンに作用させる抗うつ剤ですが、セロトニン以外の余計な神経伝達にも効果を出してしまうことがあります。

これが「日中の眠気」につながってしまうのです。

具体的に眠気が生じる主な原因は、抗ヒスタミン作用によります。
花粉症のお薬や風邪薬で有名な作用ですね。

ヒスタミンも脳の神経伝達物質の1つです。
神経伝達物質「ヒスタミン」がブロックされることで眠気がでてしまうという点は、花粉症役や風邪薬と全く同じかそれ以上に感じることもあるでしょう。

抗ヒスタミン作用以外にも眠気やだだるさに関連する作用がある

抗ヒスタミン作用以外にも α1受容体ブロック作用、5HT2(セロトニン2)受容体ブロック作用などもあり、これらによっても眠気を招いてしまいます。

このために、風邪薬や花粉症のお薬よりも眠気やが強く感じられることがあります。

ジェイゾロフトの場合は抗ヒスタミン作用以外にも、だるさ(倦怠感)もでてしまうことがあります。

これには、α1受容体ブロック作用(αとはアドレナリンのこと)で、アドレナリンがブロックされると血圧が低下し、ふらついたり、ボーッとしたりします。

眠気にどう対策できる?

ジェイゾロフトは最小量で25mgから開始します。
徐々に増やしていくお薬で、初回投薬から1~2週間後には倍の50mgになると思います。

早ければ25mg時点で、通常50mgから眠気が問題になってくることが多いようです。

では眠気に対してどのように対策できるでしょうか?

様子をみる

実は飲み始めたばかりのときは、少し様子をみることが最も有効な方法です。

ジェイゾロフトの副作用は基本的に飲み初めだけのことが多いのです。
おそらくその副作用が出てから1-2週間では落ち着いてくることがほとんどでしょう。

半分以上のケースで様子を見たら副作用が大分軽くなってきたとおっしゃる方が多いので、まずは何とか様子がみれる程度であれば、少し様子をみてみましょう。

服用時間を変える

飲む時間を変えるはとても有効な手です。

実は「いつ飲まなければいけない」という記載は添付文書にもありません。
毎日同じ時間に飲めば、飲む時間は規定されていないのです。

薬袋には「朝食後」など書かれているかもしれませんが、ここは調整可能なのです。

朝飲んで眠気がくるのであれば、夕食後や眠前に飲むようにしてみてどうかを検証すればいいのです。
眠気が出ても眠る時間だったら問題ありませんよね?

薬を減薬する・増薬をいったんストップしてもらう

ジェイゾロフトは初回25mg錠からスタートします。
基本的に1-2週間ごと(次回の外来ごと)に25mgずつ増量します。

基本的に抗うつ剤は十分量を十分な期間内服するのが治療法となりますので、主治医の先生は増薬するスタンスであることを認識しておきましょう(通常50~100mgまで増量します)!

最初の25mgからすでに眠くなってしまうようであれば、いったんそのまま増薬せずに様子を見てもらうようにします。

ただし、うつ症状や不安症状が強い場合にはこの量で効くことはほとんどないでしょうから増薬が望ましいです。
もしお仕事をされていて支障がでるようなら、増薬スピードを緩めてもらいましょう(例えば、次の外来では薬の量はまだかえたくない意思を伝えてみるなど)。

抗うつ作用が出てくるのも遅くなってしまいますが、副作用の程度が軽くなるというメリットがあります。

ほとんど外にでることがないのであれば、眠気の副作用だけであれば増薬が良いと思います。

ジェイゾロフトは25mgがスタート量であることはおわかりいただいたかもしれませんが、それで眠気が強すぎるのであれば、実は半分に割って12.5mgにしてみるという手もあります。

25mg → 50mg → 75mg(1日最大量は100mg)と増薬中に眠くなる副作用が出た場合、いったん元の量に戻すことも有効です。

一緒に飲んでいるお薬や飲酒が問題なことも・・・

併用薬によっては、ジェイゾロフトの副作用を強くしてしまうことがあります。

添付文書上で併用注意のお薬は以下のものになります。

  • タガメット(胃薬)
  • トリプタン系(片頭痛薬)
  • トラムセット(鎮痛薬)
  • トルブタミド(糖尿病薬)

また、薬ではありませんがアルコールとの併用も注意が必要です。
お酒を飲んでいたら、 ジェイゾロフトの血中濃度が不安定になり、眠気が強く出る可能性があります。

肝機能・腎機能に問題はないですか?

肝機能や腎機能が悪い方は、お薬の排泄の機能が落ちているため、通常量を投与してしまうと、強く効果がですぎてしまう場合があります。

血液検査や健康診断で肝機能障害、腎機能障害を指摘されている場合、必ず主治医に伝えましょう。

定期的に採血検査を行っているクリニックも多いでしょから基本大丈夫かとは思いますが、万が一しばらく採血検査を行っていなくて副作用が強く出るときにはこのことも相談してみましょう。

薬を変える

「ジェイゾロフトから変えてみましょうか?」と提案を受ける場合もあります。

飲み初めの場合には有効な手ですが、ジェイゾロフトの抗うつ効果をすでに感じているのであれば、薬を変えてしまうのは少しもったいないかもしれません。
この場合は減薬が良いでしょう。

飲み初めで、1-2週間様子を見ても、飲む時間を変えても問題が残る場合、これではなかなか増量できない場合には抗うつ効果が期待できません。

この場合のみ薬を変えるのはありでしょう。
主治医とよく相談して決めるべきですが、「眠気が少ないもの」なら(ジェイゾロフトも該当しますが・・・)、ドグマチールやレクサプロ、サインバルタ、トレドミンあたりが候補に挙がるでしょう。

次に抗うつ薬の眠気の副作用の強さを紹介します。

他の抗うつ剤との比較

抗うつ剤の中でもジェイゾロフトは眠気の副作用が出やすいイメージのものではありません。

もちろん抗ヒスタミン作用などによって眠気が誘発されることはあるのですが、どちらかというとむしろ他の抗うつ剤で眠くなって困るときに変更するお薬の候補でもあるのです。

抗うつ剤の種類
抗うつ剤眠気
三環系トフラニール
三環系トリプタノール++
三環系アナフラニール
三環系ノリトレン
三環系アモキサン
四環系ルジオミール
マプロチリン
++
四環系テトラミド
ミアンセリン
++
SSRIパキシル
パロキセチン
SSRIルボックス
デプロメール
SSRIジェイゾロフト
セルトラリン
±
SSRIレクサプロ±
SNRIトレドミン
ミルナシプラン
±
SNRIサインバルタ±
NaSSAリフレックス
レメロン
+++
その他デジレル
レスリン
++
その他ドグマチール
スルピリド
±

ジェイゾロフトによる眠気は、一般的にはそれほど強くはないのですが、個人差によって出てしまうことがあります。

ジェイゾロフトから薬を変更する場合、基本的には抗うつ薬の第一選択(SSRI・SNRI・NaSSAの3種類)のお薬から選びます。

ジェイゾロフトはSSRIというクラスのお薬です。
この中では実はジェイゾロフトの眠気の頻度は少なめです。眠気の点で同じクラスの中から変えるのならレクサプロ一択でしょうか。

次にジェイゾロフトと異なるSNRIというクラスです。
SNRIはセロトニンだけでなくノルアドレナリンにも作用します。

ノルアドレナリンは意欲や活気を上げる「覚醒系」の物質であるため、眠気は起こしにくくなります。

SNRIのひとつ、トレドミンは効果が弱い代わりに副作用も軽いため、眠気はかなり少なくなるでしょう。
サインバルタも効果の割には眠気の頻度は少なく、個人的にはジェイゾロフトから変えるのであればSNRIならサインバルタかイフェクサーだと思います。

最後にNaSSAというクラスですが、これは鎮静系抗うつ薬と言われるくらい眠気がでやすいお薬です。
眠気の副作用で困っている方にこのクラスの抗うつ薬への変更はよっぽどなことがない限りないと思います。

まとめ

以上、ジェイゾロフトによる眠気の副作用と対策でした。
基本的には眠気が出にくいお薬ではあるものの、個人差はあります。

眠気が出ても最初は様子見もしくは内服時間の変更で対応、それでもダメな場合にはお薬を変えるのが良いでしょう。


関連記事

  1. ジェイゾロフトの副作用を説明

    ジェイゾロフト(セルトラリン)の副作用【抗うつ剤】

  2. 太る?痩せる?

    ジェイゾロフト(セルトラリン)は太るの?痩せるの?痩せるとい…

  3. 離脱症状の症状はシャンビリ

    ジェイゾロフト(セルトラリン)の離脱症状とその期間

  4. ジェネリック

    ジェイゾロフト錠のジェネリック「セルトラリン錠」について

  5. ジェイゾロフト錠

    ジェイゾロフト(セルトラリン)の効果と副作用、減薬時に注意す…

  6. 抗うつ剤(ジェイゾロフト)

    【抗うつ剤】ジェイゾロフト(セルトラリン)の効果