マイスリーを大量内服(OD)してしまって心配、致死量ってあるんですか?

マイスリー致死量

辛すぎて楽になりたいという一心で薬を過量服薬をしてしまうことがあります。

特に多いのが睡眠薬の過量服薬です。

「睡眠薬を過量服薬すると死ねますか?楽になれますか?」これは、ネットの掲示板などでよく質問されています。

致死量のことをここに書くべきがどうかは悩みました。
うかつに書けば過量服薬を助長してしまうことにもなりかねないからです。

家族が大量に内服したのを見て焦らないためにも書こうと思います。

みなさんに睡眠薬への正しい知識を知ってもらうため、そして過量服薬が少しでも減る一助になればと思い、このコラムではマイスリーの致死量について紹介させていただくことにしました。


マイスリーに致死量はある?

マイスリーの過量服薬で自殺することは不可能です。

マイスリーに致死量がないわけではありません。
大量に内服することができれば、呼吸停止に至る可能性はあります。

しかし「大量」というのは、数千錠とか数万錠とかそういうレベルです。

現実的にそんな量を一気に飲めるわけありません。

どんなに頑張っても一気に服薬できるのは数十錠が限界でしょう。

数十錠飲んだ時点ですでに睡眠薬が効いて寝てしまいます。その量が致死量となることはまずありません。

睡眠薬の過量服薬で死のうとすることは不可能なのです。

マイスリーを過量服薬(OD)して救急搬送されると?

マイスリーを過量服薬すると、ぐっすり寝てしまいます。

家族が発見して救急搬送されるケースがほとんどです。

救急搬送されて病院に到着すると、まずは救急室で初期治療を行います。

マイスリーを内服してから1時間以内であれば、「胃洗浄」を行うこともあります。

これは、鼻から太いチューブを胃に入れて、胃に残っている薬物を物理的に洗い出す処置です。

この胃洗浄は、非常に苦しい処置です。

あまり大声では言えませんが、昔は教育的胃洗浄といってわざと苦しい思いをさせるなんてこともなかったわけではありません。

鼻に太いチューブを入れられ、そこから水を出し入れしてくすりを洗い出し、あまりのつらさに「胃洗浄がイヤだから、過量服薬はもうしません!」と決意される患者さんもいるくらいです。

その後、活性炭という薬物を吸着してくれる働きのある物質をいれます。

これも真っ黒でドロドロした液体を鼻のチューブから胃へ入れるのです。

あとは採血やレントゲン、CTなどの必要な検査をして大きな異常がなければ、点滴で水分をたくさん投与して、おくすりが身体から抜けるまで待ちます。

点滴で水分をたくさん入れますので、尿がたくさん出ますから(意識がないので失禁してしまいます)、尿バルーン(おしっこの管)も入れます。

睡眠薬の効きすぎで、万が一にも呼吸停止や重篤な不整脈などがあるといけないので、おくすりが抜けるまでは、体内の酸素濃度や心電図を常にモニターで管理します。

たいていは1、2日入院して、おくすりが体内からほとんど抜けたと判断されれば、退院となります。

当の本人は、アルコールを飲みすぎてつぶれたところから目覚めた感じで帰っていきます。

過量内服(OD)をすると周囲の反応も変わる

過量服薬を一回してしまうと「また過量服薬をするのでは?」とどうしても医療者側も家族や周囲の人たちも慎重になります。

そうなると、おくすりは最小限しか出せなくなりますし、強いおくすりも出せなくなります。

「旅行に行くから長期間のおくすりを処方してほしい」と希望されてもできません。

信頼関係は一気に崩れてしまうのです。

友人も心配してくれるかもしれませんが、さすがに繰り返すと離れていってしまいます。


過量服薬は死のうと思っているわけではない?

おくすりを指示された量以上に飲んではいけないことは分かっています。
それでも飲んでしまうのだから、原因が何かあるのです。

本人としては致死量を飲んでやろうと思っていないこともあります。

むしろ気持ちが抑えられなくて衝動的な感覚が強いのかもしれません。


関連記事

  1. マイスリー

    マイスリー(ゾルピデム)の副作用、お酒・アルコールは一緒に飲…

  2. マイスリーのジェネリック

    【ゾルピデム酒石酸塩錠】マイスリーのジェネリック(後発品)に…

  3. マイスリー錠

    マイスリー錠5mg・10mgの効果と用法、薬価について

  4. マイスリーと幻覚

    マイスリーと幻覚について、楽しい幻覚などない。むしろ恐怖体験…