ソラナックス(アルプラゾラム)の妊娠中の使用について

ソラナックス妊娠中の服用

「パニック障害でソラナックスを服用していて手放せないのですが、妊娠したとわかったらどうしたら良いですか?」

ソラナックスはよく処方されているお薬ですから、飲んでいる女性にとってはとても心配なことの1つだと思います。

ここでは妊娠中のソラナックスの影響についてご紹介したいと思います。



妊娠中のソラナックスの影響

基本的にソラナックスを飲んでいる場合と飲まなかった場合で、飲んでいないときのほうがデメリットが大きいと判断した場合のみ継続という医師の判断がとられます。

妊娠したら絶対に飲んではいけないというわけではなく、必要時なら飲んでもよいというお薬なのです。

では、妊娠中にソラナックスを服用するとどのような危険性があるのでしょうか?

これは妊娠中のどの時期に内服するかによって微妙に変わります。

ソラナックスを妊娠初期に服用した場合

奇形が多くなるとされており、動物実験でも骨格異常や死産、発達の遅れが報告されています。

妊娠後期に服用した場合

奇形の報告はないもの、出生時の問題が増えます。
新生児に傾眠、低体温、筋緊張低下、仮死などの報告があります。

ソラナックスは妊娠中に飲むのはできるだけ避けたい

FDA(アメリカ食品医薬品局)が掲げる「薬剤胎児危険度分類基準」という胎児への薬物の危険度基準では、 薬物の胎児への危険度をA,B,C,D,×の5段階に分類しています。


  • A:ヒト対照試験で、危険性がみいだされない
  • B:人での危険性の証拠はない
  • C:危険性を否定することができない
  • D:危険性を示す確かな証拠がある
  • ×:妊娠中は禁忌

  • ソラナックスは「D:危険性を示す確かな証拠がある」という、内服することがデメリットである可能性が高い位置づけなのです。

    ただこれはソラナックスに限らず、抗不安薬はほぼすべてに言えることなのです。

    ソラナックスを飲んでいて妊娠したらどうすれば?

    できることなら服用を避けたいお薬であることはお分かりいただけていると思います。

    そのため、妊娠の予定がある場合や、妊娠してしまった場合はソラナックスはできる限り中止することをトライしましょう。

    しかし、不安症状が強くどうしてもやめられない場合もあるでしょう。

    この場合は最小量にとどめながら内服します。

    定期で服用していたのであれば、少しずつ減薬したり、必要時にだけという考え方にする必要があります。

    例えばパニック障害の方であれば、いつもは不安発作が起きそうだというタイミングで飲んでいたのなら、妊娠発覚後はお守り的な服用はせず症状ありきで服用するようにしましょう。

    また、母体の精神面の安定が胎児の成長に薬の影響よりも重要という考え方もあり基本的には無理せず症状が強い時には内服した方が無難です。 

    重要なことは、ソラナックスを減薬したり必要最低限の内服にすることと、過度に子供が奇形になったらと怖がらないことです。


    関連記事

    1. ソラナックスとお酒

      ソラナックスとお酒・アルコールを一緒に飲んではいけない?もし…

    2. ソラナックスの副作用

      ソラナックス(アルプラゾラム)の副作用||認知症のリスクも上…

    3. メデポリン・カームダン

      ジェネリック医薬品「メデポリン|カームダン」の効果と副作用

    4. ソラナックス(アルプラゾラム)の依存

      ソラナックス(アルプラゾラム)の依存性と離脱症状。断薬成功の…

    5. ソラナックス錠

      ソラナックス錠(アルプラゾラム)の効果・作用時間と半減期。飲…

    6. ソラナックスの眠気

      ソラナックスによる日中の眠気とその対策、0.4mgでも眠気は…