コンスタンとお酒・アルコールを一緒に飲んではいけない?

コンスタンとお酒

コンスタンを飲んでいても一緒にお酒(アルコール類)を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

結論から言ってしまうともちろん「飲酒すべきでない」が答えになります。

では何故コンスタンと酒・アルコールを飲んではいけないのでしょうか?

これについて解説したいと思います。

※なお「コンスタン」は武田薬品工業株式会社が販売していますが、ファイザー株式会社が販売している「ソラナックス」と同じアルプラゾラムが主成分のお薬で、効果・副作用も同等です。そのため、この記事の内容も「ソラナックス」の記事と同様です。


コンスタンと酒・アルコールはなぜダメ?

まずはコンスタンの添付文書を見るとお酒・アルコールとの併用については以下のような記載があります。

【相互作用】
(併用注意)
アルコール(飲酒)

臨床症状・措置方法:眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下を増強することがある。
機序・危険因子  :相互に中枢神経抑制作用を増強することが考えられている。

一緒に飲むと作用が強くなってしまうのです。
「禁忌(絶対ダメ)」ではないものの互いに影響しあうので「注意」という扱いです。

眠気や注意力・集中力低下が強くなりすぎれば日常生活に支障が出てしまいます。

それくらいならいいや、どうせ飲むのは夜だし。
家でなら大丈夫!

本当にそうでしょうか?

コンスタンもアルコールも、どちらも脳を鎮静させ活動を抑える方向に作用します。
そして一緒にあわさるとお互いの作用を強めあってしまい脳を過剰に眠らせてしまうのです。

不眠だからちょうどよい?

併用による問題は、実はこれだけではありません。

本当に問題なのはコンスタンとアルコールを併用を続けていると、長期的に大きな問題を引き起こしてしまうのです。

コンスタンとお酒の併用は耐性・依存性を形成する

アルコールも抗不安薬も、どちらも耐性や依存性を起こします。

耐性とは薬やアルコールが次第に身体に慣れてきて、効かなくなってくる事です。

アルコールは飲んでいるとだんだん強くなることは経験的にお分かりかと思います。
飲酒を続けているとだんだん少しの量では酔えなくなり、飲酒量が増えてしまうことがありますね。

抗不安薬も耐性形成を起こします。

また依存性とは、ある物質を摂取し続けていると次第にそれなしではいられなくなってしまうことです。

本当の問題は、コンスタンとアルコールを併用すると、お互いの作用が強まり合いより急速に耐性や依存性が形成されてしまうという事です。

つまり、コンスタンとアルコールを一緒に飲んでいると、アルコール依存や薬物依存になりやすくなるのです。 

アルコールと抗不安薬を摂取するという事は、自らの手で自分を依存症にしてしまうことに他ならないのです。

コンスタンとお酒・アルコールの併用実例

困ったことに、どんなに注意してもこっそりアルコールを摂取してしまう患者さんは実際に多くいらっしゃいます。

では抗不安薬とお酒を一緒に飲んでしまうと、実際はどうなってしまうのでしょうか。

副作用によって内服後の眠気やだるさが強くなるのですが、それをいつもよりお酒がまわったような感じにとらえている人、中にはなんともないという人がいます。

しかし翌日は、普通量のお酒を飲んだだけだったのに二日酔いになっていたり、仕事に寝坊して遅刻したり、翌日に持ち越している例も多々あります。

また長期的に見ると、先に説明しました通り耐性や依存性が形成されやすくなります。

耐性が形成されると、不安をおさえる作用の効きが悪くなるため、コンスタンの量が増えてしまします。

それでもお酒と薬の併用を続けていると、今度はどの抗不安薬も効かなってしまう可能性もあるのです。

一度、依存状態になると、そこから抜け出すのは非常に困難です

お酒・アルコールを飲みたくなったら・飲んでしまったら

コンスタンを飲んでいるときはお酒を飲まないのが原則ですから、基本は我慢していただくことになります。

どうしても飲むということであれば、コンスタンの方を飲まなくする必要があります。

飲酒はしないことが望ましいのですが、本当にどうしてもやむを得ない事情があってお酒を飲まなくてはいけない事もあるかもしれません。

そのときはアルコールを摂取する前後にコンスタンは内服しないでください。

その分、不安感をコントロールできにくいかもしれませんが仕方のないことです。

そうすることで耐性や依存性形成、翌朝の倦怠感や過鎮静などのリスクは低くすることができます。

そして万が一一緒に服用してしまった場合は極力アルコールの量をおさえてください。
さらに翌日朝にコンスタンを飲む必要があるのであれば、朝は飲まずに昼もしくは夕から再開します。

アルコールの濃度がある程度維持している段階でお薬を飲むと、日中動けなくなるばかりか事故に合う危険性も増してしまうのです(駅のホームから落ちる、階段から落ちる、車とぶつかるなど)。


関連記事

  1. コンスタンの副作用

    コンスタンのよくある副作用と添付文書で確認できる副作用

  2. コンスタンによる眠気

    コンスタンによる眠気と対策

  3. コンスタン錠

    コンスタン錠の効果と強さ、半減期について。これらを理解してコ…

  4. コンスタンの依存性

    コンスタンの依存性と離脱症状